みみず倶楽部 Annex
 
http://www.akina.ne.jp/~kurasige/ の別館です
 



インド旅行記
~説明~
12/15-1/29インド旅行中です。

パトナー

ちょっと良い宿に泊まったつもりだったのですが、シャワーのお湯が出ませんでした。インドの今の季節は結構寒いのですが、ホテルにも暖房がなく、やすいホテルにはホットシャワーがありません。ホットシャワーがあっても、電気でお湯を沸かすタイプが一般的で頼りない限りです。

寒さとシャワーのせいですぐに次の目的地に移動することにしました。運よく、駅でその日の夜の列車の予約がとれました。

パトナの町の中をガンジス川が流れています。歩いて堤防まで行ったのですが、河が全く見えません。それもそのはず今は乾期で川幅が雨季よりずっと狭くなっているはずです。聞いてみると堤防から歩いて河まで1時間はかかるということなので、諦めました。
近くの展望台から見てみましたが、遠くに薄らとみえるだけでした。

パトナ博物館を見る

観光地だと白人のほかに日本人と韓国人を沢山見かけるのですが、この町ではほとんどバックパッカーを見かけませんでした。しかも、英語が出来る人が少なく、移動もスムーズに出来ませんでした。
観光地で日本人がいっぱい、というのもどうかなあと思いますが、いないといないで不安になるものです。

夜の列車まで時間潰しをかねてレストラン&バーに入ってみました。インドではお酒は許可を受けた酒屋とバーだけで売られています。酒飲み旅行者はお酒の調達に苦労していて、デリーで何度かお酒を売っているところを尋ねられました。
レストランの中はかなり薄暗くていかにもよろしくないことをやっている雰囲気でした。

夜 列車に乗ってニュージャルパイグリへ。



12月24日(金)22:51 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

マハボディー寺院

ブッダガヤーには仏陀が悟りを開いたマハボディー寺院があります。去年世界遺産に登録されたそうです。
チベット人(僧侶も一般人も)が多く参拝に来ていて、五体投地(?)をしている人が多くいます。
寺院そのものは残念ながら改修中で足場が組んであってあまりきれいには見えませんでした。

バスの出発まで時間があったので、バイクタクシーで郊外へ。
ちょうど米の収穫が終わって脱穀をしている所でした。脱穀は木の板を渡してそこに稲を叩き付ける方法でやっていました。
このあたりは雨季に米を作り、乾期に麦を作る二毛作をやっているそうで、畑の一部では既に麦が発芽していました。

午後、列車に懲りてバスでパトナに移動しましたが、途中、タイヤ交換のため3時間半で着くはずが5時間かかりました。

パトナに着いた頃には真っ暗になっていてなかなかホテルが見つからず、ちょっと高めのホテルにチェックインしました。



12月23日(木)22:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

ブッダガヤーへの移動

今日の夜中の列車でバナーラスからガヤへ移動でした。
夕食を食べてネットをした後、ゲストハウスで仮眠して11時頃宿を出ました。大通りまで暗い路地を歩いていったのですが、夕方路地に座り込んでいた牛たちがいません。少しいくとその牛が4頭狭い路地を走ってきました。ぼけっとしていたらぶつかるほどでした。インドの牛は夜行性なのでしょうか??
大通りでリクシャー(三輪自転車タクシー)をひろい駅に向かいました。昼間と違ってスイスイ進みます。
列車は1時過ぎに来る予定なのですが、アナウンスを聞いていると、ずいぶんとダイヤが乱れている様子です。しかも、目的の列車は遠くカシミールから1日以上かけてやってきます。長期戦を覚悟しながらアナウンスの良く聞こえる駅の外で、寒さと蚊に悩まされながら待つ事になりました。しばらくすると、英語の話せるインド人がやってきました。その人はカシミールの医師で私とちょうど方向に向かう列車に乗る予定でした。アナウンスを聞いて私の列車が6時半頃に到着すると教えてくれました。霧で列車のダイヤが乱れているそうです。英語(とヒンズー語)のアナウンスだったので、教えてもらって助かりました。
朝まで時間があるので駅のリタイアリングルーム(簡易宿泊所)に泊まりました。毛布も何も無かったのでかなり寒い思いをしました。
朝、駅前に来て待っていても何のアナウンスもありません。昨日は気づかなかったところに黒板があってそこにどの列車が何時間遅れているか、何番ホームに着くかが書いてありました。遅れは6時間半、計算すると8時には乗れるようです。書いてあるホームで待つ事にしました。
待っていると、今度は日本語を話せるインド人に声をかけられました。バナーラス大学の助教授で日本に留学した経験があるとの事。兄弟が故郷の南インドから来るのを出迎えに来たそうです。話をしながら待っていても列車は来ず、もっと遅れるようならツーリストオフィスに相談してみてはどうかと教えてもらい、再度、黒板のところへ、今度は8時間の遅れ、もう2時間なら待とうと再度ホームへ。
10時を過ぎても列車が来ないので、再度黒板を確認すると遅れは10時間。もうどうにもならないのでツーリストオフィスへ、相談すると、10時間と書いてあるならもうすぐ来るから待っていた方がいいと言われ、ホームに戻ると、やっとアナウンスが、最初に書いてあったホームとは別のホームに移動して、待ちました。
待つ事30分やっと目的の列車が来ました。

インドの列車はクラスに別れているのですが、どこにどのクラスの列車が来るかがいまだに良く分かりません。この時はホームでインド人学生に案内してもらって何とか乗り込む事が出来ました(なぜか彼らは切符を持っていなかった。たしかに改札はめったに来ないですけど)。
結局、10時間遅れで、到着は更に1時間遅れで、夕方にガヤー駅につくことができました。
疲れました・・・。



12月22日(水)22:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

ブッダガヤーへ

昨日は仏陀が悟りを開いた後初めて説教をしたというサールナートに行ってきました。
その帰りに駅でブッダガヤー行きの切符を買いました。外国人用窓口で待つこと1時間(デリーでは2時間かかりました)、クラスを下げて、何とか切符が買えました。21日の夜中に出発予定です。始発がずっと遠くなので何時間遅れで来るか不明です。

頭が痛くなってきました。バナーラスに着いたときから喉が痛かったのですが、だんだん悪くなってきました。今日は夜に備えて宿でゆっくりしていました。



12月21日(火)22:55 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

シェア 続き

3人でガンジス川沿を歩いているとヨガ教室がありました。Bさんが話を試しに聴いてみようというので、3人で話を聞きました。Aさんはヨガをやった事がありますが、今回は滞在時間が短いので、私とBさんだけがヨガをやってみることにしました。
結局、Bさんは合わなかったようで、途中から私だけ通いました。といっても、5回だけですので、ほんのさわりだけですけど。

シェアすると、お金が節約できるだけでなく、自分一人では行かないようなところや入らないような店ややらないようなことをやることがあります。それがシェアの楽しみでもあります。
あと、面白い日本人に会えるのも、一つの面白さです。日本ではフツーの人が多くてなかなか会えませんが、海外に来ると結構色んな人に会えます。



12月21日(火)22:48 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

人生観

バナーラスで沐浴している人を見ました。火葬場もみました。でも、特に何も変わりません。他の2人も同じで、20歳ぐらいで来ないとダメなのかなあ、と話しています。最初の途上国の時が一番ショックが大きかったのかもしれません。
インドに来て人生観が変わる人の気持ちがいまいち分からなくなりました。



12月20日(月)23:03 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

シェア

1人で旅行をしていると、料金が高くなったり、荷物を見てもらえなかったり、話し相手がいなかったりします。それで他の旅行者とシェア(共有、分ける、割り勘)することが結構あります。
今までだと、空港から市内まで同じ便で来た日本人3人とシェアし、切符売場であった日本人と一緒に切符を買ってバナーラスまで来て、同じ席だった韓国人と日本人4人でオートリキシャーに乗り合わせてガンジス川のまで来ました。一緒に来た日本人が女性(Aさん)だったので、部屋代が高くつくと思っていたら、チェックイン直後に、ロビーで別の日本人(Bさん)と会い、その人と部屋をシェアすることにしました。



12月19日(日)22:38 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

バナーラス到着

列車は時間通り出発しました!
改札も何もなく、切符を見ながら乗り込みました。
同席になったのは、家に戻るインド人の親子、旅行中の韓国人の親子と日本人2人でした。もう1人の日本人は切符売場で隣になった人です。
このクラスだと乗っているのはほとんどが身なりのいいインド人で、ビジネスマンみたいな人が多くいます。
ベッドは3段で昼間は2段目を外して1段目に腰掛けます。チャイ、コーヒー、スナック、ジュースを頻繁に売りに来ます。食事時には食事も、食事を持参している人が多くてあまり売れていないようでした。

到着予定は朝の7時でしたが、3時間遅れで着きました。インド人の娘さんによると、ここの路線はよく遅れるのだそうです。言われてみれば、夜中に何度も停車駅でない所で止まっていました。特急待ちが多いのでしょうか。




12月18日(土)10:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

市内観光/バナーラスへ

日中は時間があるのでデリー半日観光に参加しました.

バナーラスへの電車は今日の夕方6:30頃出発で明日の朝7:00に着く予定です.

これから乗る列車はエアコンつき1等、エアコンつき2段ベッド寝台、エアコンつき3段ベッド寝台、エアコンなし寝台、2等などとクラスが分かれています.値段も一番高いのと安いのでは5-10倍ぐらいの差があります.懐具合や安全性・体力と相談してどのクラスにするか決めます.今回は真中のエアコンつき3段ベッド寝台にしてみました。さてどんな旅になるでしょう.



12月17日(金)16:44 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

バナーラスに行きます

アーグラー(タージマハルのあるところ)にいくための切符を取ろうとあちこち歩き回りました.

最初は自分で宿の近くの旅行社へ。その後、宿の人の案内で2軒旅行社を回りましたが、どこでも、鉄道もツーリストバスは予約でいっぱいで、空きは5日後とか15日後しかない、ミニバスだと120ドル(←非常に高い)で、普通の(現地の人が乗る)バスは危険、と言われました.
これで半日つぶれました.

午後からは駅の外国人用予約窓口に行きました。予定を変更してバナーラスまで予約を取るべく、列に並びました.待つこと2時間、順番が回ってきて、列車番号を書いた申し込み用紙を渡すとあっけなく予約が取れました.
 後から、宿に泊まっている日本人に聞くとアーグラー行きが駅で簡単に取れたということでした.

結局、午前中に回った旅行者はすべてボッタクリ旅行社でした。予約がいっぱいという口実で、高いチケットや余計なチケットを買わせるのが手口です.話は聞いていたのですが、ここまでどこでも嘘をつくとは...しかも宿の従業員もグル。

ということで、アーグラーから観光をはじめるという予定を変更して、バナーラスから回ることにしました.
アーグラーは最後に見ます.



12月16日(木)19:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

デリーに到着

インドに無事到着しました。
成田から、台北で4時間乗り換えで、デリーへ。合計10時間以上のフライトでした.疲れたー。
デリーのネオンは全体的にオレンジ色で、日本のトンネル内のライトのようです。

空港で他の日本人2人とタクシーに乗り合わせました。チケットを先に買ってタクシーに乗るのですが、そのチケット売り場で早速おつりをごまかされそうになりました。足りないというと、平然と残りのおつりをよこしました(どこでもあることですが・・・)。

町並みは、東南アジアや中国南部といった感じです。清潔さ加減は10年前の北京と同じぐらい汚いかそれ以上です.

-町の中心部の通りに何匹も牛がいます.人間が通っても、目を向けるでもなく悠然としています。
-レストランで手で食べるのを見ました。鮮やかというか洗練されているというか。
 こんな事は3日もすれば普通の光景になってしまうのでしょうけど、インドに来たのを実感します。



12月15日(水)14:10 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

明日出発します

明日14日に出発します。
会津鉄道で行って、明日は成田泊です。



12月13日(月)19:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理

出発します

15日にインドへ向けて出発します。
Narita CI107 9:40
Taipei CI181 16:20
台北経由です。
デリーに着くのは夜遅くになります。



12月9日(木)11:32 | トラックバック(0) | コメント(0) | インド旅行記 | 管理


(3/3ページ)
最初 1 2 >3< 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 楽天市場 | FX自動売買
禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット | 地震速報機